目次
スーパーブラックでも借りれる消費者金融

スーパーブラックの状態でも、あきらめてはいけません。信用情報機関のブラックリストに載って信用情報に傷がついても、信用情報を早く回復させてお金を借りる道は存在します

しかし、スーパーブラックの状態で借り入れをしようとするのは簡単ではなく、リスクも伴います。それでも1日でも早くお金を借りて生活費をなんとかしたい、臨時の出費を回避したいなど、新たなスタートを切るための一歩として挑戦することには価値があります。

この記事では、スーパーブラックでも借りれる方法を探し、安全に借りるための注意点と信用情報を修復するためのステップを詳しく解説します。

スーパーブラックとは借金を長期延滞してブラックリスト入りの状態

ブラックリストは借金返済の延滞や債務整理などによって、信用情報機関(CIC・JICC・KSC)に金融事故として「異動情報」が記録されることをいいます。

スーパーブラックは、ブラックリストがさらに深刻化した状態をいいます。ブラックリストは信用情報機関であるCIC・JICC・KSCに金融事故情報が記録されて、5年〜7年間はクレジットカードやローンの審査に通らない状況を指します。

一方、スーパーブラックはブラックリストに載った状態で、現在進行形で借金の返済を延滞中の人であり、ほとんどの金融機関から借り入れが困難となる状況を指します。

ブラックリストとスーパーブラックの違い

ブラックリストとスーパーブラックは、金融事故を起こした人が信用情報機関に「異動情報」が記録されることです。

一般的にはブラックリストやスーパーブラックと呼ばれますが、正確にはブラックリストというリストはなく、信用情報機関に事故情報が記録されていることをブラックリストと呼んでいます。

ブラックリストに載ると、金融事故を起こした過去があるとして返済能力が低いと判断されるので、クレジットカードやローンの審査に通りにくくなります。一方、スーパーブラックリストに載ると、現在も借金を延滞している状態なのでさらに審査に通りにくくなります。

まずは自分の信用情報の状態を把握し、どのような貸金業者からであれば借り入れが可能なのかをしっかりと検討する必要があります。また、ブラックリストやスーパーブラックの状態から脱出するためには、返済計画を立てて確実に借り入れを返済すること、信用情報の修復をおこなうことが必要です。ブラックリストからの解除には5年〜7年かかることが多いです。

ブラックリストの定義と特徴

ブラックリストとは、過去に何らかの理由で信用情報機関に登録され、一般的な金融機関からの借り入れが難しくなった人々を指します。これは、過去に返済遅延や債務不履行があった場合、または自己破産や任意整理などの債務整理をおこなった場合に該当します。ブラックリストに載ってしまうと、新たに借り入れをすることが難しくなります。

スーパーブラックの定義と特徴

スーパーブラックとは、ブラックよりもさらに信用情報が悪化している状態を指します。具体的には、過去に複数回の債務整理をおこなったり、債務整理後も返済遅延を繰り返したり、返済を長期延滞してブラックリストに載った後も返済が滞っている状態に該当します。スーパーブラックになると、ブラックよりもさらに借り入れが難しくなり、ヤミ金やソフト闇金といった高金利の貸金業者からしか借り入れができない状態になります。

スーパーブラックになる原因

スーパーブラックになる原因は、主に返済の滞納や債務整理です。

借金の返済を61日以上延滞する、または債務整理をすると信用情報機関にブラックリストとして登録されます。ブラックリストに載っている状態で、借金の返済をさらに滞納し続けている状態をスーパーブラックと言います。

スーパーブラックになることで金融機関からの借り入れができなくなります。信用情報機関の役割は、消費者のクレジットやローン利用に関する信用情報の収集・管理・提供をおこない、消費者と金融会社の健全な信用取引を支えることです。

借り入れをおこなうときの信用情報機関(CIC・JICC・KSC)の役割

信用情報機関にはCIC(株式会社シーアイシー)、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つがあります。

信用情報機関は、消費者金融やクレジットカード会社など貸金業者から提供される個人の信用情報(借り入れや返済の状況など)を収集・管理・提供する役割を果たしています。

これにより、金融機関は個々の消費者の信用状況を把握し、適切な金利を設定したり、融資の可否を判断したりすることが可能になります。また、消費者自身も自分の信用情報を確認することができます。

借金の延滞が信用情報に与える影響

借金の延滞は、信用情報に大きな影響を与えます。信用情報機関は、クレジットカードの分割払い、借金の返済など、個々の返済能力を信用状況として評価し、その情報を金融機関や貸金業者と共有します。したがって、借金の延滞は、これらの機関が個々の信用リスクを評価する際の重要な要素となります。

借金を延滞すると、その事実が信用情報機関に登録されます。通常、61日以上(2ヶ月~3ヶ月以上)の延滞があると、その事実が信用情報に登録されることが一般的です。これらの情報は、債務整理や債権回収、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡などの情報とともに、信用情報機関によって管理されます。

一度登録された情報は、借金の延滞中はもちろん、借金を完済して延滞を解消した後も一定期間信用情報に残ります。金融事故情報が記録される期間は5年間程度とされています。金融機関が個々の信用リスクを評価する際に、過去の信用履歴を考慮するためです。したがって、借金の延滞は、新たな借入やクレジットカードの発行、さらには自動車ローンや住宅ローンなどの各種ローンの審査にも影響を及ぼす可能性があります。

信用情報の修復は時間と努力を必要としますが、まずは延滞の解消から始めることが重要です。その上で、信用情報の確認と管理を継続的におこない、再び延滞を起こさないようにすることが求められます。

金融機関名借り入れの特徴
フタバ
フタバのトップページ
最短即日融資
パートアルバイトでもOK
24時間365日 Web申し込み
セントラル
セントラルのトップページ
最短即日融資可能
24時間365日 Web申し込み
1万円からの少額融資
フクホー
フクホーのトップページ
最短即日融資
24時間365日 Web申し込み
担保、保証人不要
アロー
アローのトップページ
アプリで最短45分審査
担保、保証人不要
使途自由
いつも(Itsumo)
消費者金融「いつも(itsumo)」
24時間365日 Web申し込み
担保、保証人不用
PayPay銀行で振り込み手数料0円
全国対応の中小消費者金融 一覧

スーパーブラックではどの消費者金融でも借り入れは難しいですが、ブラックリストに載っているとしても延滞している借金を返済することで「返済能力がある」と判断されて、お金を借りられる可能性があります。

審査に必要なもの
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等)
  • 所得を証明する書類(源泉徴収票、給与明細書、所得証明書等)
  • その他、金融機関によっては指定資料が必要な可能性があります
  • 融資は翌営業日

スーパーブラックでも借りれる消費者金融①:フタバ

フタバのトップページ
消費者金融名フタバ
所在地東京都千代田区岩本町3-2-10
電話番号03-5833-5511(代表)
商品名キャッシング
融資条件20歳以上73歳以下の安定した収入と返済能力を有する人
融資額 1万円~50万円
実質年率1~10万円未満  14.959%~19.945%
10~50万円       14.959%~17.950%
返済期間元利均等 6年以内(2~72回)
受付時間24時間
利用場所全国対応
審査時間即日融資

フタバは、最短即日融資が可能で、融資可能額が 1万円~50万円までと「少額から借入したい」という方でも可能です。初めてのご利用なら最大30日間金利0円なのが魅力的です。

実質年率は借入額に応じて変動しますが、50年以上の歴史がある老舗の中小消費者金融のため今すぐ1万円だけ借りたい人にもおすすめです!

スーパーブラックでも借りれる消費者金融②:セントラル

セントラルのトップページ
消費者金融名セントラル
所在地愛媛県松山市河原町9-2 クロカワビル2F
電話番号0570-038-038
商品名カードローン
融資条件20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人
融資額1万円~30万円
実質年率4.80%~18.00%
返済期間最終借入日から最長3年0ヵ月(1~32回)
受付時間24時間
利用場所全国対応
審査時間即日融資

セントラルは、 JMR 調べで「本当に困った時に相談したいカードローン 2021」で1位になった消費者金融です。

融資額1万円から利用可能で、年率も4.80%~18.00%と中小消費者金融のなかでも低金利です。急な出費で「明日にでもどうしても1万円だけ借りたい!」という人におすすめの消費者金融です。

スーパーブラックでも借りれる消費者金融③:フクホー

フクホーのトップページ
消費者金融名フクホー
所在地大阪市浪速区難波中三丁目9番5号 福宝ビル
電話番号0570-666-294
商品名フリーキャッシング
融資条件20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人
融資額5万円~10万円未満
実質年率7.30%~20.00%
返済期間最長5年以内(2回~60回以内)
受付時間24時間
利用場所全国対応
審査時間即日融資

フクホーは、全国対応のフリーキャッシングで創業50年の歴史を持つ老舗の消費者金融です。

融資額は5万円〜10万円と少額ですが、中小消費者金融のなかでも返済期間が最長5年と長いので「返済期間をできるだけ長くしたい」人におすすめです!

スーパーブラックでも借りれる消費者金融④:アロー

アローのトップページ
消費者金融名アロー
所在地名古屋市中川区高畑二丁目144番地
電話番号0570-055-553
商品名フリープラン(使途自由フリーローン)
※キャッシング
融資条件25歳以上及び65歳以下の定期的な収入と返済能力を有する人
融資額200万円まで
実質年率15.00%~19.94%
返済期間契約日より5年60回
元利均等返済(2~180回 最長15年以内)
受付時間24時間
利用場所全国対応
審査時間即日融資

アローは、 Webで最短45分審査、即日融資可能な消費者金融キャッシングです。

融資額1万円からで使徒も自由なので、急な出費にも対応できます。勤続年数1年未満だと借入できませんが、借入条件を満たしている場合は少額即日融資の選択肢ナンバーワンです!

スーパーブラックでも借りれる消費者金融⑤:いつも(Itsumo)

消費者金融「いつも(itsumo)」
消費者金融名いつも(Itsumo)
所在地高知県高知市杉井流5-18
電話番号0120-889-126
商品名フリーローン
融資条件年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある人
融資額1万円~500万円まで
実質年率4.8%~20.0%
返済期間最長5年(60回)
受付時間24時間
利用場所全国対応
審査時間最短45分で融資

いつも(Itsumo)は、株式会社K・ライズホールディングスが運営している中小消費者金融です。

初めて利用する場合には、なんと60日間も無利息で借りることができます。また、審査はたったの30分で、最短45分のスピード融資をしてくれます。

カードや郵送物が一切ないので、誰にもバレずにWebで借りれることも魅力的です。

本当にどこからもお金借りれないときの最終手段の神金融

本当にどこからもお金借りれないときの最終手段の神金融は、おすすめ5社で紹介した以外にもあります。

  • 神金融の頂点「AZ株式会社」
  • 新しい神金融「アムザ」
  • 地域密着の神金融「キャネット」

なかでも、AZ株式会社は、債務整理中やブラックでも審査に通過できたという声が多くきかれる神金融の頂点です。どうしても審査に通過する自信がない人はチェックしてみてください。

債務整理中でもお金を借りれる神金融の一覧はこちら

スーパーブラックでも借りれる金融機関の審査基準と特徴

スーパーブラックでも借りれる消費者金融は残念ながらありません

まずは、借金を早く完済することが必須といえます。借金を完済しても延滞をしていた事実は変わらないので、信用情報機関のブラックリストには載りますが、滞納・延滞を解決できれば申請が通る可能性があるとされています。

大手消費者金融は信用情報から自動審査で落ちる可能性が高いですが、中小消費者金融は1人ひとり柔軟な審査をおこなっており、ブラックリストに載っている状態でも借り入れができる場合があります。

中小消費者金融は、ブラックリストに載っていても現在の安定した収入と返済能力を証明できる人であれば、即日借りられる可能性があるとされています。

ブラックリストでも借りれる消費者金融の審査基準と特徴

一般的に消費者金融の審査基準は公開されていませんが、どの消費者金融であっても信用情報機関の情報照会は必須です。

しかし、中小消費者金融では独自の柔軟な審査基準を持つため、ブラックリストの人でも借りられる可能性があります。ただし、利率は高めに設定されていることが多いです。

ブラックリストでも借り入られる消費者金融の審査基準

消費者金融の審査基準は一般的に公表されていませんが、信用情報機関の情報照会は基本的におこなわれます。信用情報機関には個人の借入額、借り入れ件数、債務状況が記録されており、これらの情報を基に審査がおこなわれます。

一般的に、信用情報に傷がある、いわゆるブラックリストやスーパーブラックの人は銀行や大手消費者金融の審査に通過することは難しいです。しかし、中小消費者金融であれば、独自の柔軟な審査基準を持つところが多く、一定の条件下でお金を借りることが可能です。

審査基準は各社により異なりますが、申し込み情報からマイナス点を減点していき、各社が定める合格基準の点数を上回る顧客に融資を実行するという方法が一般的です。このシステムを利用した審査なので、点数がすべてというわけではありませんが、一定の基準を満たすことが求められます。

ブラックリストの人でも、独自の基準を持ち柔軟な審査が期待できる中小消費者金融なら借りられる可能性があります。しかし、ヤミ金やソフト闇金といった高金利業者から借りるリスクもあるため、借りる前にはしっかりとした情報収集と審査基準の理解が必要です。

ブラックリストでも借りれる消費者金融の特徴

Webからの申し込みで誰にもバレずに即日借りることができる

ブラックリストでも借りられる可能性がある消費者金融は、主に中小消費者金融です。中小消費者金融は、大手金融会社や銀行とはちがい、独自の基準を持っており柔軟な審査が期待できます。

信用情報に傷がある、いわゆるブラックの人でも借りられる可能性があります。また、中小消費者金融ではWebでの申し込みにも対応しており直接店舗に足を運ぶ必要がなく、自宅や外出先からでも手軽に申し込みができます。

金利が高く返済額が増える可能性があるが最低返済額を低く設定できる

中小消費者金融で借り入れをするときには金利や返済条件などを事前に確認することが重要です。特に、中小消費者金融は柔軟な審査をしていますが、大手消費者金融と比較して利率は年15%以上と高めであることが多いため、借り入れる際には十分な注意が必要です。

また、ヤミ金やソフト闇金といった違法業者と一緒に考えられてしまうことも多いので、違法業者に申し込んでしまうと法外な金利で返済額が増えて借金地獄におちいってしまうリスクがあります。

ただし、ブラックリストでも借りられる中小消費者金融のうち信頼できる業者を利用すれば、月々の最低返済金額を低く設定できるところもあります。これにより、返済負担を軽減することが可能となります。

ブラックリストでも借りられる消費者金融があるとはいえ、必ずしも全ての人が借りられるわけではありません。申し込み時点での債務状況や信用情報など、個々の状況により、借り入れの可否が決まります。そのため、借り入れを考える際には、自身の状況を正確に把握し、慎重に行動することが求められます。

ブラックリストでも借りられる銀行ローンの審査基準と特徴

ブラックリストの状態でも、特定の金融機関では借り入れが可能な場合がありますが、銀行の審査基準は消費者金融と比較して厳しめに設定されているので、審査の通過率は低いといえるでしょう。

ただし。銀行の審査基準は厳しいものの、指定された貸付条件を満たしていれば、カードローンの申し込みは可能です。

過去の金融事故が原因で銀行のカードローンやキャッシングの審査に落ちた場合、ブラックリストよりもさらに深刻なスーパーブラックとして認定される可能性もあります。そのため、借り入れを検討する際は、自身の信用情報を確認し、返済計画をしっかり立てることが重要です。

ブラックリストでも借りれる銀行の審査基準

銀行のカードローンやキャッシングの審査は、一般的には厳しめに設定されており、特に金融事故が原因でスーパーブラックとなった場合は審査に通るのは難しいとされています。しかし、すべての銀行が同じ審査基準というわけではありません。

一部の銀行では、年齢や年収、他社借り入れ金額などを入力することで事前に融資可能かどうかを診断する「借り入れ診断」のようなサービスを提供しています。これにより、審査に不安がある方でも自身の状況を把握し、借入基準を満たしているかどうかを確認することが可能です。

しかし、過去2年以内に複数回の滞納があったり、カードローンなどのキャッシング残高が残っていたりする人は、金融機関から「融資をしても返済できる可能性が低い」と判断され、審査に通りにくい状況となります。

ブラックリストでも借りれる銀行の特徴

銀行は原則として返済能力が高く信用できる人にしか融資を提供していません。これは、銀行が貸金業者とは違って、顧客の信用情報を重視するためです。しかし、ブラックリストの状態でも借り入れが可能な銀行も存在します。そのような銀行は、独自の基準を持っていて柔軟な審査をおこなっています。

例えば、地方銀行のカードローンは大手銀行よりも審査が柔軟であり、地域住民からの借り入れ申請であればブラックリストの状態でも借り入れが可能な場合があります。

また、一部の銀行では、借金を一本にまとめて金利を引き下げることで返済総額を下げる「おまとめローン」やフリーローン・不動産担保ローン・ビジネスローンと幅広く対応しています。しかし、ブラックリストの状態でも借り入れが可能な銀行を利用する際は、高金利のリスクや返済計画の立て方など、借りる前の準備と注意点を理解しておくことが重要です。

スーパーブラックでも安全に借りるための注意点

スーパーブラックの状態では借り入れをすることは難しいですが、借金の滞納や延滞を解決すれば、特定の金融機関から借り入れる可能性があります。

ただし、高金利の業者から借りることは大きなリスクを伴います。高金利業者とは、法的な制限を超えた高い利息で貸付をおこなうヤミ金やソフト闇金といった違法業者のことを指し、違法な高金利の請求や悪質な取り立ての被害に遭う可能性があります。そのため、借り入れをする際には、業者の選択や契約内容の確認が重要となります。

法外な金利で貸付をおこなうヤミ金やソフト闇金

スーパーブラックの状態にある人々は、経済的な困難を解決するため、または資金調達の必要性から借り入れを考えることがあります。しかし、信用情報に傷がついており、借金の返済を延滞していることから一般的な貸金業者からの借り入れが難しいです。

スーパーブラックの人がお金を借りようとすると、ヤミ金やソフト闇金といった違法な金利で貸付をおこなっている業者に借入の申し込みをしてしまうリスクがあります。借り入れる金額は個々の状況によりますが、滞納・延滞を解決できれば法律に則って中小消費者金融から借りられる可能性があるので、ヤミ金やソフト闇金は利用しないようにしましょう。

ヤミ金やソフト闇金といった違法な融資をおこなっている高金利業者から借りてしまった場合は、違法な高金利の請求や悪質な取り立ての被害にあった証拠となる契約書や録音データなどを保管しておくことが重要です。

ヤミ金やソフト闇金のような高金利業者とは

高金利業者とは、通常の金融機関よりも高い利息を設定して貸付をおこなう金融業者のことを指します。これらの業者は、借り手が他の金融機関から借り入れができない状況、例えば信用情報に問題があるブラックリストや、借金の返済を滞納しているスーパーブラックの状態である場合などに、高い利息を背景に融資をおこないます。

高金利業者の中には、法律で定められた上限金利を超える利息を設定する違法な業者、いわゆる「ヤミ金融業者」も存在します。ヤミ金融業者は、返済が少しでも遅れると、電話や手紙などで悪質な取り立てや悪質な催促をおこなうことがあります。

これらの高金利業者から借り入れをおこなうことは、返済負担が大きくなるだけでなく、違法な取り立てに遭うリスクもあるため、注意が必要です。また、法律で定められた上限金利を超える利息の支払は拒否することが可能です。

借り入れを検討する際は、金利だけでなく業者の信頼性や対応、返済計画などもしっかりと考慮して安全に借り入れができる金融機関を選ぶことが重要です。

ヤミ金やソフト闇金などの高金利業者から借りるリスク

高金利の業者から資金を借りることは、多くのリスクを伴います。

その最大のリスクが、違法な高金利の利息です。ヤミ金やソフト闇金といった違法な金利で貸付をおこなっている高金利業者は、法律で定められた上限金利20%を無視して、30%や50%といった高い金利で資金を貸し出すことがあります。その結果、借金をした人は短期間に多額の利息を返済しなければならなくなり、返済に行き詰まることが多くなります。

また、高金利の業者から借りた資金を返済するために、別の同様の業者から借りるという悪循環に陥ることもあります。これは、借金を借金で返済するという自転車操業を繰り返しているだけであり、いずれ借金の返済が困難になって借金が増えるだけの借金地獄になってしまいます。

さらに、ヤミ金やソフト闇金といった高金利の業者は、違法な取り立てをおこなうこともあります。職場への電話や自宅への嫌がらせ電話、自分だけでなく家族や周囲の人にも迷惑をかけることになりり、借り手は精神的なストレスを受けるだけでなく、生活を脅かされることもあります。

したがって、金融機関からお金を借りるときには、その業者が法律を遵守しているか、法律で定められている適正な金利で資金を貸し出しているかを確認することが重要です。安易に高金利の業者から資金を借りると、上記のようなリスクを背負うことになり、結果的には更なる借金地獄となります。

スーパーブラックの人がお金を借りる前の準備

スーパーブラックでも借り入れが可能な金融機関やサービスも存在します。これらは主に中小の消費者金融や質屋などで、審査基準が緩やかであったり、物品を担保にお金を借りることができたりします。ただし、これらのサービスを利用する際には、高金利や返済のリスクなどを十分に理解した上で利用することが重要です。

また、スーパーブラックからの脱出方法としては、借金の整理や信用情報の回復が考えられます。借金の整理には自己破産や個人再生などの手続きがあり、信用情報の修復には時間と努力が必要となります。

借りる前の準備としては、まず自身の信用情報を確認することが重要です。信用情報機関に対して情報の開示請求を行うことで、自身の信用状況を把握することができます。また、借入を行う前には返済計画を立て、自身の返済能力を確認することも大切です。

信用情報機関への個人信用情報の確認方法

スーパーブラックでも借りれるとはいえ、高金利の業者から借りるリスクもあります。そのため、借りる前には信用情報の確認や返済計画の立て方など、安全に借りるための準備が必要です。具体的には、信用情報機関に対して情報の開示請求を行い、自身の信用情報を確認することが重要です。

また、スーパーブラックからの脱出方法としては、借金の整理や信用情報の回復が考えられます。借金の整理方法には自己破産や個人再生などがあり、信用情報の回復には一定期間の時間を置くことや、新たな信用情報の積み重ねが必要となります。

借金の返済計画の立て方

借金の返済は、計画的に進めることが重要です。以下に、返済計画を立てる際の基本的なステップを示します。

  • 借入総額の把握: まずは、自分が現在どれだけの借金を抱えているのかを把握します。借入先や借入額、利息などを一覧表にまとめると見やすいです。
  • 毎月の返済額の把握: 次に、毎月どれくらいの金額を返済することが可能なのかを把握します。これは、自分の収入と支出を見て、無理なく返済できる金額を見積もることが大切です。
  • 返済期間の設定: 借入総額と毎月の返済額から、完済までの期間を設定します。ただし、あまり長い期間を設定すると利息が増えてしまうので、無理のない範囲で短い期間を目指すと良いでしょう。
  • 返済計画の作成: 上記の情報を元に、具体的な返済計画を作成します。これには、返済額や返済回数、残高などを記載します。
  • 定期的な見直し: 状況が変わるたびに、返済計画を見直すことも重要です。収入が増えた場合や支出が減った場合などは、返済額を増やして借金を早く返済することも考えられます。

以上が、返済計画を立てる際の基本的なステップです。借金は一日にしてならず、計画的に返済していくことで、無理なく完済に向けて進むことができます。

スーパーブラックから抜け出して信用情報を早く回復する方法

スーパーブラックからの脱出方法は、まず自身の信用情報を確認しすることから始まります。

借金の返済を滞納しているからといって、ブラックリストに載っているとは限りません(一般的には61日以上の滞納があればブラックリストに載っています)。もし、ブラックリストに載っておらず、借金の返済もおこなえるような返済プランが作れるのであれば、借金の返済をしていくことがもっとも有効です。

一方で、借金の返済計画が立たないのであれば自力での返済は難しいので、利息をカットして毎月の返済負担額を減らす任意整理や、借金を最大10分の1にする個人再生、借金をゼロにする自己破産といった法的手段を利用することもひとつの方法です。

借金を減らしたりゼロにすることができる債務整理

スーパーブラックからの脱出方法としては、自力での返済計画が立てられないほど借金額が膨らんでしまっている場合、債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)があります。

債務整理は合法的な借金問題の解決方法ですが、どの方法にもメリットとデメリットがあります。

利息をカットして毎月の返済負担額を減らす任意整理

任意整理は、貸金業者と直接交渉して借り入れ額に対して発生している利息をカットし、元金のみを返済すれば良くなる債務整理方法です。利息をカットすることで毎月の返済額が少なくなり返済負担が減るので、借金を返済することができるようになります。

ただし、任意整理のデメリットとして、ブラックリストに載ります。ブラックリストに載る期間は、減らした借金を完済してから5年間と定められています。返済期間は3年から最長5年で設定されることがほとんどなので、8年から10年ほどはブラックリストに載ることになります。

借金を最大10分の1にする個人再生

個人再生とは、裁判所の手続きを通じて、支払い困難になった借金を一定の基準に基づいて減額し、原則3年(最長5年)の分割払いにする債務整理の方法です。これにより、借金の一部を原則3年間で払うことを条件に残りの借金が最大10分の1まで免除されます。また、この手続きでは、住宅ローン特則によって住宅ローンの支払いや財産を残したまま借金を減額することが可能です。

個人再生は、借金の返済が困難な個人が自己破産をせずに、経済的な自立を目指すことを可能にします。個人再生を利用することで、借金の返済を続けながら生活を続けることができ、自己破産と比べて信用情報のダメージも少ないとされています。

しかし、個人再生を選択する際には注意が必要です。まず、個人再生をおこなうためには裁判所の認可が必要であり、そのためには一定の手続きと時間が必要です。また、個人再生の申立てをおこなうと、7年間程度はその事実が信用情報機関にブラックリストとして登録され、一定期間信用情報に影響を及ぼします。

さらに、個人再生の申立てが認可されるためには、返済計画が裁判所によって妥当と認められる必要があります。そのため、返済計画を立てる際には、自己の収入や支出、生活状況を正確に把握し、現実的な返済計画を立てることが求められます。

借金をゼロにできる自己破産

自己破産とは、財産や収入が不足して支払不能なこと(借金返済の見込みがないこと)などを裁判所に認めてもらい、原則として借金の支払義務が全額免除される(借金がゼロになる)手続きのことを指します。これは、減収や失業といった収入面や介護や離婚といった生活面の変化により、借金を返済できなくなってしまった方が裁判所に申立てをおこなうことで、一定の価値のある財産を除き、すべての借金をゼロにするというものです。

自己破産をおこなうと、養育費や税金などの非免責債権を除く、すべての借金を免除することができます。しかし、自己破産は借金問題解決の最終手段とされ、そのあとの生活や信用情報に大きな影響を及ぼします。自己破産をすると全ての信用情報機関に5年〜7年程度ブラックリストとして登録されます。

そのため、自己破産を選択する前には、まず任意整理や個人再生といった他の債務整理の検討が推奨されます。

スーパーブラックの人が信用情報を早く回復する方法

信用情報の修復は容易な作業ではありませんが、以下の手順に従うことで可能となります。

  • 信用情報の確認
    まずはCIC・JICC・KSCといった信用情報機関で、自分の信用情報を確認しましょう。Webからの申し込みや郵送で確認することができます。信用情報の開示には500円〜1,000円程度の必要です。
  • 滞納・延滞している借金を早く返済する
    信用情報に傷をつける最大の原因は返済の遅延です。借金問題は早い段階での対処が重要で、放置してしまうとブラックリスト入りの可能性が高まります。すでにブラックリストに載っているスーパーブラックの人であれば、返済状況と収入状況を把握して、延滞中の借金をすぐに返済するようにしましょう。

ブラックリストとして信用情報機関に登録される期間

ブラックリストが信用情報期間に登録される期間は、借金を完済してから5年間とされています。

ただし、債務整理をした場合は最大7年間登録される場合もあります。5年から7年間のブラックリスト期間が経過すれば、信用情報は自動的に削除されてスーパーホワイトと呼ばれる状態になります。

スーパーホワイトの状態では大きな額の分割払いやローン契約は難しい可能性がありますが、一般的なクレジットカード契約や分割払いは可能になります。そのためブラックリストにのる5年〜7年の期間を無事に過ごして返済をしっかりとおこなうことで再び信用情報を修復し、金融機関からの借り入れが可能となる可能性があります。

目次